※このHPは笠原邦暁(日本シナリオ作家協会会員)が管理しています。

「プラネット・ラボ」はシナリオライターを中心とした企画集団です。
映画、テレビ、アニメーション、マンガ原作、ゲーム等々……様々なエンタテイメント分野で、
クライアントの要望に応える企画やストーリー・コンテンツを提供していこうと日夜活動をしています。

プロのライターは仕事の幅を広げるためにうまくこのネットワークを利用してください。
シナリオライター志望者は、ここでチャンスを掴んでください。
クライアントのみなさんは、新しい才能との出会い、企画の開発にご利用ください。

「P-LABO映画祭2017」開催決定!


P-LABO映画祭も今回で「第11回目」を迎えます。
一言で言えば当映画祭は「インディーズの闇鍋」のようなものです。良作もあれば、駄作もある。まさに玉石混交のカオスです。
よく「上映作品の選考基準は何ですか?」と聞かれますが、それは、ずばり「先着順」。一日の上映可能時間に達すれば、そこでストップです。ことに今年は作品の集まりが早かったので、おそらく募集期間は一週間に満たなかったのではないでしょうか。
一見「先着順」とは、いい加減なようで、これほど公平な選考もないのです。その作品が、P-LABO映画祭をどれほど必要としているか、ひと目で測れます。しかも不思議なことに、「先着順」でもそこそこ良い作品が集まって来る。今年も「闇鍋のカオス」を充分にご堪能ください(笑)。
特別企画は、恒例の「ndjc」コーナー。ワークショップで作られた5分作品から優秀作を8本上映します。更に、もう一つの特別企画は、ゴジラのプロデューサー「富山省吾 Presents」。企画コンテストの勝ち残り方をご伝授くださるとか。両特別企画は、若手、必見。刺激を受けて、存分に発奮してください。
それでは、みなさま、11月23日(木・祝)、調布でお会いしましょう。
入場無料。途中、出入り自由です。

P-LABO映画祭 実行委員長 三村 渉

2017公式ホームページへLinkIcon

  「P-LABO FILMFES 2017」に関するお問い合わせは showsay@nifty.com

映画祭フライヤー