プラネット・ラボ




















※このHPは笠原邦暁(日本シナリオ作家協会会員)が管理しています。

「プラネット・ラボ」はシナリオライターを中心とした企画集団です。
映画、テレビ、アニメーション、マンガ原作、ゲーム等々……様々なエンタテイメント分野で、
クライアントの要望に応える企画やストーリー・コンテンツを提供していこうと日夜活動をしています。

プロのライターは仕事の幅を広げるためにうまくこのネットワークを利用してください。
シナリオライター志望者は、ここでチャンスを掴んでください。
クライアントのみなさんは、新しい才能との出会い、企画の開発にご利用ください。

「P-LABO映画祭2016」コンペ結果発表!

P-LABO映画祭2016、無事終了いたしました。
10月10日祝日の数あるイベントの中、ご来場いただいた皆様には心より御礼申し上げます。
数えれば、今回は記念すべき「第10回目」のP-LABO映画祭でした。
ヨタヨタしながらでも、本当によくここまで続けてこられたものです。
ひとえに、縁の下の力持ちとなって映画祭を支えてくれるボランティア・スタッフがあってのこと。入場無料の映画祭に報酬はなく、彼らは皆、心意気だけで集まってくれた有志たちです。どうぞ彼らに、映画の神様のご加護がありますように……。
さて、今回の映画祭は如何でしたでしょう?
11本のコンペ作品は、面白いもの、そうでないもの、玉石混交ですが、それでもやっぱりインディーズ映画はワンダーランドだ。もしかしたら上手くいっていない作品の方が愛おしかったりして……(笑)。
反省点が少しあります。今回、特別企画の「月野木隆監督」コーナーと「柏原寛司監督」コーナーの「ゴジラ・トーク」、共に時間がなくて語り尽くせなかった感が否めません。月野木監督、富山プロデューサー、済みません、またいつか。
というか、次回も、「第11回目」も、やる気なのか、私……?

P-LABO映画祭実行委員長  三村 渉

最優秀作品賞 「たむほりっく0」  高嶋義明監督
最優秀監督賞 「ゴミの音色」    草苅 勲監督
最優秀脚本賞 「いつかのタカハシ」 原田裕司(脚本)
最優秀男優賞 「ガチャガチャ」   青柳尊哉
最優秀女優賞 「needle」 麻絵・高山あずさ

柏原寛司・奨励賞 「こうたろう イン ワンダーランド」 artegg-yumi監督
生形貴英・奨励賞 「宇宙大怪獣ヌマギラス ー来襲ー」 細沼孝之監督
三村 渉・奨励賞 「たむほりっく0」 高嶋義明監督

このまま突っ走れや賞 「いつかのタカハシ」 原田裕司(監督)
中年女はつらいで賞  「ガチャガチャ」   正木佐和(女優)


2016公式ホームページへLinkIcon

  「P-LABO FILMFES 2016」に関するお問い合わせは showsay@nifty.com