※このHPは笠原邦暁(日本シナリオ作家協会会員)が管理しています。

「プラネット・ラボ」はシナリオライターを中心とした企画集団です。
映画、テレビ、アニメーション、マンガ原作、ゲーム等々……様々なエンタテイメント分野で、
クライアントの要望に応える企画やストーリー・コンテンツを提供していこうと日夜活動をしています。

プロのライターは仕事の幅を広げるためにうまくこのネットワークを利用してください。
シナリオライター志望者は、ここでチャンスを掴んでください。
クライアントのみなさんは、新しい才能との出会い、企画の開発にご利用ください。

P-LABO映画祭2017 コンペ結果発表!!


最優秀作品賞 「北八街ゾンビ2」鳥海雄介監督
最優秀監督賞 「殺陣~TATE~」 木野吉晴監督
最優秀脚本賞 「北八街ゾンビ2」鳥海雄介
最優秀男優賞 「ときめき一念発起」繁田健治
最優秀女優賞 「東京、吐息、自死」吉田智恵
柏原寛司奨励賞「花のまばたき」秋山友希(監督)
田邊雅勇奨励賞「daughter」中野博文(男優)
三村 渉奨励賞「ERASER WARS」AKIRA(監督)
撮影賞    「花のまばたき」
エンタテイメント賞「赤山洋太郎の一日」稲葉奇一朗監督

2017公式ホームページへLinkIcon

  「P-LABO FILMFES 2017」に関するお問い合わせは showsay@nifty.com

P-LABO映画祭2017 終了!!

第11回 P-LABO映画祭2017」、無事終了いたしました。
特別企画の、VIPO・ndjc関係者のみなさま、富山省吾様・文晟豪監督、ご参加ありがとうございました。インディーズからプロへの貴重な道標となりました。ndjcの「若手映画作家育成プロジェクト」はプロへのステップアップを目指す者には、大変大きなチャンスです。来年はぜひとも狙ってください。

開会の挨拶でも申しましたが、自主映画を作るのは最初の1.2本は楽しいですが、そのうち自分の才能に疑いをもつようになり、周りからの評判も思わしくないような状況が続くと、急速に映画作りへの熱が冷めていってしまいます。そういう若手を何人も見てきました。それでも、バカみたいに作り続ける者たちのみが、プロのスタート・ラインに立てるのです。言ってみれば、冷静に自己分析をできない者たちのみが、頭の壊れた者たちのみが、プロになる資格があるということです。

P-LABO映画祭の役目は、そんな混迷する若手監督たちの才能がいつか覚醒する日まで、気長に彼らの駄作や愚作に付き合ってあげることかもしれません。いやいや、今回つまらない作品が多かったということではないですよ(笑)。審査委員長の柏原様がおっしゃってましたね。うまくなるとつまらないと。そのとおりで、もし次回があれば、みなさまの駄作、愚作、喜んでお待ちしております。育成もなかなか大変ですわ(笑)。

P-LABO映画祭実行委員長  三村 渉

2017公式ホームページへLinkIcon

  「P-LABO FILMFES 2017」に関するお問い合わせは showsay@nifty.com

映画祭フライヤー